ドージコイン(Dogecoin)とは?その特徴と「to the moon」の由来について

ドージコイン(Dogecoin)の基本情報

名称:Dogecoin
呼び方:ドージコイン
開発者:Billy Markus
承認目安時間:約1分
上限発行量:上限なし

 

ドージコイン(Dogecoin)の概要

ドージコイン( Dogecoin) は、 米国オレゴン州 ポートランド出身のビリー・マークス( Billy Markus) 氏によって開発されました。 柴犬のマーク が 特徴 のドージコインですが、 なぜ柴犬をモチーフにすることになったのでしょう か。

それは、 シドニー のアドビシステムズのマーケティング部門にいたジャクソン・パーマー( Jackson Palmer) 氏が、 2013 年に海外のネット( 4 chan が 発端) で 大流行した「 Doge」 と呼ば れる柴犬と暗号 通貨を組み合わせるというアイディアに 由来しています。

パーマー氏はその後「 Dogecoin. com」 というサイトを作成 し、このアイデアについてツイッターでツイートをしたところ、偶然サイトを見たマークス氏 が、 パーマー氏 に、 開発者として協力させてほしいと リプライを送り まし た。 その後、 二者は正式 にパートナーシップを結び、 2013年12 月にリリースされるに至りました。

ちなみにこの「 Doge」 という単語の発音は海外でも議論が分かれており、「 ドージ」、「 ドーズ」、「 ドッグ」、「 ドーグ」、「 ドギー」 など 様々な読み方をする人がいます。

 

 

ドージコイン( Dogecoin)の特徴

ドージコイン( Dogecoin)は、プロジェクト開始当時に存在していた暗号通過のラッキーコイン(Luckycoin)を元に開発されました。

ラッキーコインはライトコインをもとに開発された通貨で、マイニング時の報酬がランダムで決定するという特徴があります。
そのため、ドージコインもマイニング時の報酬が0~100万の間でランダムに決定されていましたが、2015年5月のアップデートにより固定報酬に変わりました。

取引の承認時間は約1分で、ライトコインよりも短く設定されており、発行量の上限はありません。

 

ドージコイン( Dogecoin)の価値は「to the moon」?

ドージコインはリリースされた直後に、24時間以内に流通量がなんと300%も増加するなどの爆発的な上昇を見せました。

この異常なまでの上昇率から、「月にまで届く勢いだ」と例え、「to the moon」という言葉が生まれました。

当時、中国では銀行でのビットコイン取引が政府の規制で禁止(後に解除)された影響で、ビットコインはもちろん、他のアルトコインも大幅に下落していたので、このドージコインの価値上昇が大きく目立ちました。

それ以降、現在でも急激な価値上昇の際には、「to the moon」という言葉が使われるようになっています。

 

 

今すぐ追加!LINE@でしか話せない情報を公開中

LINE@に友だち追加すると、最新の仮想通貨情報やビットコイン情報を誰よりも早くわかりやすく配信していきます。LINE@限定の裏の稼ぎ方も公開しています。5秒で追加出来るので是非友だち追加してね!

今さら聞けない!仮想通貨ビットコインメルマガ

仮想通貨を知りたい、ビットコインを運用してみたいという方のために、世界一わかりやすく解説しています。これを読めばあなたもビットコインマスター!!